いしこ司法書士事務所(神戸市東灘区)では、借金整理(自己破産・任意整理・個人再生等)、相続・遺言、成年後見手続きのご相談を受付中です。

-任意後見-
『後見の相談室』


「借金の相談室」 | 「相続の相談室」 | 「遺言の相談室」 | 「後見の相談室」 



任意後見




任意後見契約とは?


将来、判断能力が不十分な状態になったときに備えて、あらかじめ
公正証書で契約するものです。
契約では、療養看護・財産管理に関して将来、やってもらいたいことを
決めておきます。それによって、もし認知症になっても、自分の希望に
そった暮らしができるようになります。


任意後見契約をすると?


・預貯金や不動産などの財産の管理
・入院した場合の入院費の支払い
・介護、医療サービスの利用手続きなど
・高齢者住宅などへの入所手続き
   (保証人がいないためお困りの場合など)
  で、将来安心して暮らせるようになります。


任意後見契約の流れとは?


1.相談、受任
    ↓
2.契約書案作成
    ↓
3.公証人と打合せ
    ↓
4.公正証書作成
    ↓
(5.見守り、財産管理業務)
    ↓
6.認知症などの診断
    ↓
7.家庭裁判所に後見監督人の選任申立
    ↓
8.任意後見業務
    ↓
9.死亡で終了(死後事務委任の業務)


  任意後見Q&A よくある質問


Q:「契約書はつくった後、私が認知症になったことはわかるの?」 


A: 最近は、高齢者の孤独死が問題になっております。
月1回程度お会いして将来の希望、最近の出来事などおしゃべりを通して安否確認をする
「見守り契約」というものがあります。


Q:「頭はしっかりしているけれど、体が不自由になってきた場合はどうするの?」 


A: 認知症等になっていなくても、高齢になるとお体が少し不自由となるものです。
判断能力は十分ですが、さまざまなサポートが必要な方のために「財産管理委任契約」
というものがあります。


Q:「私が死亡した後で、葬儀もしてもらえるのでしょうか?」


A: 任意後見契約は、依頼者の死亡によって終了してしまいます。
自分には身寄りがなく、葬儀、家財の処理などに不安をお持ちの方のために
「死後事務委任契約」というものがあります。  


▲このページの先頭へ




任意後見と法定後見








TOP | 私達の想い | 費用について | 事務所のご案内 | お問合わせ


<相談対応地域> 神戸市東灘区・神戸市灘区・神戸市中央区・神戸市兵庫区・神戸市長田区・神戸市北区
                         ・神戸市須磨区・神戸市垂水区・神戸市西区・西宮市・芦屋市・尼崎市など、広く対応致します。

 
神戸市東灘区住吉本町二丁目13番7号 「いしこ司法書士事務所」-『後見の相談室』(任意後見)

Copyright © いしこ司法書士事務所 All rights reserved.